医薬部外品に使われるシミに有効な美白成分

 

こちらでは、シミに効くとされる美白成分を見ていきます。

医薬部外品に使われる、厚生労働省が薬用美白成分として認めたものです。

 

 

薬用美白成分一覧

 

アルブチン

梨やコケモモから抽出される配糖体という成分です。

メラニン色素を作るチロシナーゼという酵素に作用し、

メラニン合成を阻害するので、美白の効果があります。

 

エラグ酸

ベリー類やザクロ等から抽出された抗酸化物質で。

メラニン色素を作るチロシナーゼという酵素を抑制する効果があります。

抗ガン性も期待できる植物由来の成分です。

 

カモミラET

カモミール(カミツレ葉)から抽出される成分で、

化粧品メーカーの花王が発見しました。

保湿、血行促進、抗炎症作用を併せ持っています。

エンドセリンによるメラノサイトへの情報伝達の阻害をし、シミを抑制します

更に、血行促進作用により肌代謝を良くし、出来てしまったシミにも効果があります。

化粧品にはカミツレエキスという名称で表記されることも多いです。

 

コウジ酸

 

100年以上前に麴から発見された化合物です。

メラニンの合成酵素のチロシナーゼを抑制する効果があります。

弱めの抗菌作用もあります。

肌の弱い方向けの美白化粧品に用いられます。

 

トラネキサム酸

 

人工合成されたアミノ酸で、止血・抗炎症作用があります。

口内炎やアザ等にも作用し、シミの中では特に肝斑効果があるとされています。

 

ビタミンC誘導体

 

水溶性ビタミンCの一種で、肌の内側に吸収されやすいように

安定性を高くしたものです。

強力な抗酸化作用があり、皮脂の分泌を抑える、

コラーゲンの生成を助けたり、ニキビ痕やシミに有効です。

 

プラセンタエキス

豚や牛などの胎盤から抽出した成分です。

毛穴や皮膚炎症の改善効果があり、

メラニンを生成するチロシナーゼ酵素をを抑え、皮膚代謝を良くする効果が期待されています。

スーパーオキサイドという(超酸化物)を減らす抗酸化作用もあるので、

アンチエイジングの化粧品によく用いられます。

 

4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

 

角質を柔らかくする効果があり、ターンオーバーを促します。

メラニンの多い肌組織は角質が厚く、代謝が悪い状態にありますから、

4MSKによって早くシミを薄くすることが出来ます。

また、メラニンの生成に関わるチロシナーゼの働きを抑え、

シミの発生を予防できます。

 

マグノリグナン

カネボウが、開発したポリフェノールの一種である「フェノール性2重体」という美白成分です。

メラニンを作る酸化酵素チロシナーゼの成熟を阻害する働きがあります。

また、メラニンの排泄を促す働きもあり、肝斑などにも効果を発揮します。

リノール酸

ベニバナ油などの植物油に多く含まれる必須脂肪酸の一つです。

メラニンの生成を促すチロシナーゼ酵素の量を減らす、分解する働きがあります。

ですので、シミの根本原因から改善することが期待できます。

 

ルシノール

 

シベリアモミの木から抽出された成分で、POLA(ポーラ)が開発しました。

メラニン色素を作るチロシナーゼという酵素を抑制する効果があります。

肌への浸透性が非常に高く、肝斑にも効果を発揮します。

 

薬用以外の美白成分

 

ハイドロキノン

肌の漂白剤と呼ばれるほど美白効果が高く、

アメリカではよく使われている成分です。

メラニンの生成を抑えるだけでなく、メラノサイト(メラニン細胞)を減少させます。

美白効果は高いが、肌への刺激が強く、使用には注意が必要です。

油溶性甘草エキス(グラブリジン)

甘草という漢方に使われる植物の根から抽出された成分です。

メラニン色素を生成するチロシナーゼ活性酵素の働きを抑えます。

しみ・ソバカス・肝斑に効果があり、消炎作用もあるのでニキビ用化粧品にも用いられます。

ほぼ副作用が無く、肌に優しい美白成分です。

 

One Response to “医薬部外品に使われるシミに有効な美白成分”

サブコンテンツ

このページの先頭へ