敏感肌さんにおススメ!自然派クリームとは?

 

ここ最近は美容の進歩がめざましく、

科学技術を駆使した超高級クリームやエイジング美容液がたくさん発売されているので、

憧れのツヤツヤ美肌も夢じゃない!!

 

 

・・・と喜んでいた私。

でもその夢はあっさりと打ち砕かれてしまいました・・・。

 

なぜなら私は超がつくほど敏感肌。

 

春夏は花粉やエアコンで肌がかくゆなり、

秋冬は冷気や空気の乾燥で肌がピリピリしてしまうほど。

 

なのでいろいろな科学成分がたくさん取り込まれた高級クリームは

肌を保護するどころか、肌に負担がかかりすぎて、逆にひどい肌荒れに(´;ω;`)

 

今回は「敏感肌さんにおすすめのクリーム」について

ご紹介したいと思います。

 

なぜ敏感肌になってしまうの?

敏感肌になってしまう原因はいろいろありますが、

 

 

一般的には次のような方が敏感肌になりやすいと言われています。

 

① 乾燥肌の方

肌が乾燥している方は、肌表面を保護する保湿成分が少なくなり、

肌表面がひび割れて、外からの刺激が入り込みやすい状態になっています。

そこに冷気や化粧水に含まれるわずかなアルコール成分などが入ると、

皮膚が赤くなったりヒリヒリしたりして、敏感肌になりやすくなります。

 

② アレルギー体質の方

アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー体質の方は、

そのアレルギー物質が肌に付着したりするだけで、肌が敏感になります。

 

アレルギー体質の方は、多くの方が1種類だけではなく、

複数のアレルギーを持っている場合が多いので、肌が過敏になりやすいです

 

③ 生活習慣が乱れている方

   疲労・睡眠不足・暴飲暴食・ストレスなどの生活習慣の乱れも、

   肌細胞を弱らせる原因となり、お肌のターンオーバーが乱れることによって、

   敏感肌を引き起こします。

   敏感肌を防ぐには、良質の睡眠やバランスの良い食生活などもとても重要なのです。

 

④ 間違った肌のお手入れをしている方

 肌トラブルを解消するためにと、間違ったお手入れをしてしまい、

 敏感肌になることもよくあります。

 

例えば、ニキビができたからといって、何回も洗顔をしてしまうのはNG。

肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうので、肌の保護機能が低下してしまいます。

 

逆に乾燥がひどいからと、必要以上にクリームを塗りたくるのもNG。

今度は、肌が自ら皮脂を出す量を減らしてしまいます。

 

他にも、クレンジングが不十分であったり、力を入れて肌をこすっていたりと、

肌のお手入れをする際にも十分注意が必要です。

 

⑤ 肌に合わない化粧クリームをつかっている方

どんなに高級で評判の良い化粧クリームでも、

自分の肌に合っていないな・・・と感じた場合は使用を控えたほうが良いですね。

 

 

また今まで使っていたものでも、気候や肌状態で敏感肌になることもあります。

その時の肌状態にあわせて、肌にあったクリームを使うことが大切ですね。

 

敏感肌の場合のクリームの選び方は?

 

敏感肌の場合、肌の負担を減らすためには、

どのようなことに気をつけてクリームを選んだらいいのでしょうか。

 

◆スクワランオイルなどの保湿力の高い成分が含まれていること

◆肌トラブルの原因となる不純物が含まれていないこと

◆肌への浸透力が高く肌バリア機能を低下させないこと

無添加の100%天然成分のものを選ぶこと

香りやテクスチャーが自分にあっているものを選ぶこと

 

これらのことに気をつけてクリームを選ぶと良いでしょう。

 

敏感肌におすすめの天然自然派クリームは? 

上記の選び方を元に考えると、

私は「ブノワグレイスクリーム」という美容クリームがお勧めです。

  ↓ ↓

「ブノワグレイスクリーム」

歴史に裏付けされた東洋医学(和漢薬)と西洋医学の最新の研究を融合させて

開発された美容クリームで、

無添加100%の天然成分のみで作られているのでとても安心です。

 

保湿や肌荒れによる敏感肌を防ぐだけでなく、エイジング効果もとても期待できます。

 

 ⇒敏感肌用のクリーム「ブノワグレイスクリーム」のレビュー

 

 

つけてもヒリヒリせずしっかり保湿されて肌質がよくなっていくと、

評判のクリームです。

 

良かったら参考にしてみて下さいね^^

 

敏感肌さんにおすすめのクリームの選び方(まとめ)

1.肌への浸透力が高いクリームで肌機能の低下を防ぐ

2.不純物が一切入っていない無添加クリームで肌への負担を減らす

3.天然成分がたっぷりはいった自然はクリームで肌に潤いをたっぷり与える

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ